佐藤優が外国人地方参政権と高校無償化問題に言及

2010.02.26(21:06)
色々言われているこの問題ですが、佐藤優氏の見解はなかなか独自な考えですね。コメント欄を見ると結構批判されているようですが。まあ非常にクールな見方と言えるでしょうかね。


【佐藤優の眼光紙背】外国人地方参政権と高校無償化問題

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

<<あのポーズを取るとみんな良い笑顔になる不思議 | ホームへ | なんとなく・・・>>
コメント
高校無償化法案の対象から朝鮮学校を外すことに、祖国が北朝鮮である社民党の福島瑞穂は思ったとおり反対している。
朝鮮学校の教育は日本の文部科学省の指導要領に基づいておらず、北朝鮮の指導に基づいて行われており、明らかに北朝鮮の学校である。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。
社民党は見かけは日本の政党であるが、内実は北朝鮮の政党である。
高校無償化は民主党の得意技である人のカネ(税金)ばら撒きによる集票策の一環。
【2010/02/27 11:20】 | 腐敗していた民主党 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sasakamatei.blog69.fc2.com/tb.php/1559-c647d520
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物