映画『涼宮ハルヒの消失』を観てきた

2010.05.01(22:28)
わたしの住んでいる地域でも『涼宮ハルヒの消失』が公開となりましたので最終時間で観てきました。ネットでかなり評判がよいのは分かっていたので、どんなものか楽しみでした。感想から言うと、なるほど確かに良くできてるしファンが喜ぶのも分かるな~と思わせる映画でした。

ハルヒ率いるSOS団のメンバーとして苦労しつつも充実した日々を送る主人公キョンですが、ある日明らかに自分の周囲が普段と違っていることに気がつきます。非日常的な日常を送っていたキョンがある意味「本当の非日常」に」放り出される恐怖を味わい、何とか元に戻ろうともがき、その中で今までの自分と向き合い、今までの日々はなんだったのかを考えます。結構SF的な展開ですが、ここの流れはなかなかウマくすんなりと入っていけますね。

全くの初見でも楽しめるとは思いますが、基本的にはテレビシリーズ、最低でも2006年の『涼宮ハルヒの憂鬱』を観ておいた方が良いと思います(出来れば2009年の第2期「笹の葉ラプソディ」まで)。京アニクオリティで描かれる、普段とは違うキャラクターの言動には思わずため息が出ますし(苦笑)、クライマックスでの微妙な狂気(いわゆるヤンデレ)が良い味出していますね。

2時間30分を超える長編ですがさほど時間の長さを感じさせることなく楽しめました。昨年のヱヴァ破に続き良作アニメ映画を観ることが出来て満足であります。


涼宮ハルヒの消失京アニサイト


涼宮ハルヒの憂鬱 1 通常版 [DVD]

涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

徒然 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<最もキレイな日本人とは・・・ | ホームへ | 今週のMステはどうなるのだろうか?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物