けいおん!の終わり方について議論が興味深い

2010.09.20(18:00)
先日本編が終了したけいおん!!ですがその結末について議論がなされているようです。ようは「あの終わり方はねーだろ」というひとと「よかった」というひとがいるわけですね。アニメの終わり方については賛否両論が出ることはごく普通のことなのですが・・・。

ここで言う終わり方とは、結局4人が同じ女子大に進学する(しかも澪は推薦を蹴ってみんなと同じ大学を受ける)と言うことで、今のつながりが今後も維持されることですね。高校出てそのままいっしょはねーだろ、と言う人も出て来るわけです。別離が描けないってどういうことだよ、と。

けいおん!!が設計から仕上げまで徹底的にマーケティングを意識したの工業製品とすれば、「青春もの」というジャンルすら意識する必要はないと私は思うわけです。制作側も青春ものをつくるぞという意識があったかどうか怪しい気がします。4人が同じ女子大に進学という正直失笑ものの結果であっても、おおくの(男性)視聴者がそれを是としDVD/BDやグッズが沢山売れてくれれば大勝利だしそこが着地点でしょう。

けいおん!!は女子校生の日常を描きながら青春ものと言ったジャンル(の文法に)こだわらず、顧客の要望に応えることに徹して成功した作品なんでしょうね。



アニオタ保守本流「けいおん!全員女子大進学問題をdisってみた」


別離はもはや青春テーマではあり得ない~『けいおん!!』の最終話を全面的に肯定する

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

マンガアニメ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<今日は寒かった | ホームへ | 居酒屋もなかなか大変なようだ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物