ノーベル平和賞に初の中国人・劉暁波氏が選出される

2010.10.08(18:37)
中国史上初の中国国籍ノーベル賞受賞者が生まれたわけですが、これは波乱を呼びそうです。劉暁波氏は中国共産党による一党独裁の見直しや言論・宗教の自由などを求めた「08憲章」を起草した、中国人人権活動家で作家であります。

要するに中国政府にとっては非常に「都合の悪い」人物であり、そうした人物がノーベル平和賞を取って世界的に注目されることは困るわけですね。実際中国政府は「中国とノルウェーの関係に影響を及ぼす」と委員会側に事前に圧力をかけていたと言われています。

劉氏本人は89年の天安門事件の指導的知識人として脚光を浴びました。その後、何度も逮捕されながら民主化運動を続けてきた人です。そして09年春、08憲章を起草したとして国家政権転覆扇動の疑いで逮捕され、今年2月に懲役11年と政治的権利剥奪2年の実刑判決が確定し、服役中であります。つまり本人には受賞を知らされることも無いかもしれませんね。

果たして中国政府はどのような反応を示すのか、これは注目するしかないですね。


中国指導部に大きな試練 劉暁波氏のノーベル平和賞受賞

そうだったのか! 中国 (集英社文庫)


中国 民主活動家“ノーベル平和賞”に警告

日テレNEWS24

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<肉の部位と名称 | ホームへ | たばこ増税最終的には800円か?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物