齋藤孝『読書力』岩波新書

2011.06.15(18:14)
すっかりおなじみの齋藤孝氏の著書です。読書というものが如何に日本人にとって大切であるかが力説されていますね。文庫百冊、新書50冊が読書力の目安だそうです。私は新書の方はクリアしていますが、文庫はまだまだ足りないような気がします。

本書は大変読みやすく、それほど時間の掛かるものではありません。著者の理論的な主張と「ではどうしたら良いのか」という面をサポートする具体的な実践例がバランスよく書かれている点が秀逸です。巻末には著者オススメの百冊も紹介されています。


読書力 (岩波新書)


関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

本・雑誌 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ハム係長が何となく良い | ホームへ | 外付けハードディスクを換えてみた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物