まどマギに対する評論に注目

2011.07.22(18:51)
先週の週刊SPA!でまどかマギカ特集を組んだのですが、そこで五人の論者が語っています。個人的に注目したのは宮台真司と宮崎哲弥でそれぞれの立場からまどかを結構熱く語っています。宮台は「セカイ系のもつ課題を絆を以て超えた」と評し、宮崎は仏教に例え「凡夫が魂の階梯を一気に駆け上る物語」としています。

確かにそれぞれの解釈を重ねて見返しても「なるほど」と思える部分が多くあり、まどかマギカの出来の良さを表している気がします。やはり色んな角度から「語ることが出来る」作品は評価されると思いますね。また、今年のアニメはオリジナル作品がかなり頑張っており、この流れが続くと面白いんじゃないかと思います。


『週刊SPA!』が「魔法少女まどか☆マギカ」を特集 5人の論者が語る魅力とは? - はてなブックマークニュース


魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

徒然 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ノルウェーで大量殺人テロ | ホームへ | サンダルを買ってみた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物