ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを再びみてきた

2012.12.02(08:01)
 私の住んでいる地域では3週間限定と言うことでもうじき終わるので、昨日2回目を観て参りました。1回目は初めて触れる情報量の多さや、展開の衝撃もあって消化しきれない部分が多々あるのですが2回目はその辺はかなり落ち着いてみることができました。

感想としては、他の方も言われていることですが回数を重ねてみた方がよりオモシロく感じる作品ではないか、ということです。ミサトたちはなぜあんなにシンジを突き放つのか?アスカたちの言うヱヴァの呪縛とは何なのか?そもそもQの世界の立ち位置はどこなのか?などいろんな観点から考えると初回とはまた違った味わいがあると思います。

私は特にQのラストシーンがいいなと思うんですよねえ。2回目観たとき再確認しました。叱咤しつつも見捨てないアスカは大人だなあと(笑)。EoEとはまた違った余韻があります。Qは橋渡し的な作品な気がするので、最終的な評価はシンが終わらないと固まってこないと思いますね。何にせよ個人的にはかなり楽しめました。物販ではストラップが買えなかったのが残念でした(´・ω・`)。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」考察サイトまとめ - NAVER まとめ

Shiro SAGISU Music from“EVANGELION 3.0"YOU CAN(NOT)REDO.

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

徒然 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<寒波到来 | ホームへ | マニアックな書籍を買った>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物