電王戦、まずは人間側が一勝

2013.03.24(18:04)
コンピュータ将棋とプロ棋士の対局「電王戦」がついに始まりました。五人のプロ棋士と五つのコンピュータ将棋のプログラムが対局する企画です。今回は期待の若手阿部光瑠四段と将棋ソフト「習甦(しゅうそ)」の対局が行われました。結果は阿部四段が勝ってまずは人間が意地を見せました。コンピュータ将棋がプロと対局を行う時代が来たというのは何とも感慨深いものがありますね。今後登場する将棋ソフトもかなり強力なものなので、プロといえども油断はできないと思います。とても楽しみです。


東京新聞:将棋ソフトVSプロ棋士電王戦 18歳・阿部四段 意地の先勝:社会(TOKYO Web)
関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

将棋 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<【金川英雄訳】呉秀三・樫田五郎 『精神病者私宅監置の実況』医学書院 | ホームへ | 縄文時代の猪像>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物