2014年冬クールアニメ総括

2014.04.27(18:29)
いつもどおり10点満点です。2クール以上ある作品は点数だけです。原則としてオリジナル作品は無条件に一点加算です。

ノブナガン 6/10
原作漫画のアニメ化。歴史上の著名人の遺伝子を受け継ぐ人間がその特性を活かして戦うというアイデアはなかなか面白い。ただ全体的にダサさが漂うのはなぜだろうか。後半は作戦がユニークで割りと面白かった。主役の子の声が少々棒だが新人のようなのでこれからを期待したい。

ノブナガン Blu-ray BOX ―上巻―


ウィッチクラフトワークス 8/10
監督が水島努ということで手堅く作ってくるかなと思ったが、やはり手堅いつくりだった。でかいヒロインを可愛く、魅力的に見せる手腕はさすが。サブキャラも個性的で楽しめた。

ウィッチクラフトワークス 1 [Blu-ray]


スペース☆ダンディ 8/10
オリジナル作品。宇宙をかける宇宙人ハンターのダンディとその助手QT、ベテルギウス星人のミャウが遭遇する様々なエピソードが描かれる。実力派のスタッフが集まっているだけあって画面の作りはかなりいい。基本1話完結型なので見やすく、幅広いエピソードが楽しめる。妙にSFチックだったり、いい出会いの話だったりで楽しく視聴できた。セカンドシーズンがあるらしいので期待。

スペース☆ダンディ 1 (イベント優先申込券付) [Blu-ray]


ノラガミ 6/10
変に人間臭い神、夜トとその神器である雪音との関係がメインに描かれている。てっきり妖怪退治が中心かと思ったのでこれは少し意外だった。ボンズらしく安定していたが、もう少し盛り上がりが欲しかったか。

ノラガミ 1 初回限定版[Blu-ray+DVD][イベント優先申込み券(1部)付き]


バディ・コンプレックス 7/10
セカンドシーズンへ視聴継続

バディ・コンプレックス 1 (限定版) [Blu-ray]


ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 6/10
弁護士ならぬ魔法を使ったことに対して弁護する弁魔士という職業が特徴的。アイデアはいいがなんとなく話が見えにくく、中途半端になってしまった感がある。ロボバトルか、裁判バトルかは決め打ちで行ったほうが良かったか。オリジナルなので一点は加算した。

ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-1 [Blu-ray]


ノブナガ・ザ・フール 7/10
2クール目へ視聴継続

ノブナガ・ザ・フール I 【アニメイベントチケット優先販売申込券封入】 [Blu-ray]


咲-Saki- 全国編 8/10
部活麻雀アニメの続編。県大会を勝ち抜いていよいよ全国大会。今回は準々決勝まで。全体的に前作より描写があっさりとしているというか淡白な印象を受ける。ただ大将戦へ近づくに連れ徐々に盛り上げていくところはさすが。咲の強さもよく引き立つようになっている。ここまで来たら全国大会決勝の決着がつくまでキッチリアニメ化した欲しいものである。

「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray]


弱虫ペダル 8/10
3クール目へ視聴継続

弱虫ペダル Vol.1 初回生産限定版 Blu-ray 【イベントチケット優先販売申込券・渡辺航描き下ろし漫画ブックレット他付き】


東京レイヴンズ 7/10
秋からの2クール作品で陰陽道がテーマになっている。主人公たちより大友先生や道満など、大人が魅力的なキャラクターであった。最終回はやや詰め込み過ぎかと思ったが興味をもたせる引きになっている。なんだかんだで2クール楽しめたし、続編があれば見たいと思う作品。

東京レイヴンズ 第1巻 (初回限定版)(書き下ろし文庫小説(東京レイヴンズ lost-girl with cat)+イベント応募券付き) [Blu-ray]


ガンダムビルドファイターズ 9/10
まず設定がうまい。あくまでガンプラバトルであるから、どのシリーズのガンダムやモビルスーツを自由に出すことができる。そしてあくまでガンプラであるから改造も自由。これで格段に自由度が高まっている。バトルシーンはさすがにサンライズだけあって迫力があり、よく動く。ガンプラバトルにかけるそれぞれの思いが熱く伝わってくる。ヒロインもちゃんと魅力的にかけていて見せ場もある点はポイントが高い。ガンダム系はあまりみない私だが非常に楽しく2クールを視聴できた。

ガンダムビルドファイターズ Blu-rayBox 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>


中二病でも恋がしたい!戀 6/10
前作からの続編。新キャラ七宮が登場。七宮が引っ掻き回すが六花と勇太の関係は実質ほとんど進展せず、モリサマーや凸森関連のエピソードのほうが面白かった。全体的に吸引力にかけていたように思う。

中二病でも恋がしたい! 戀 (1) [Blu-ray]


いなり、こんこん、恋いろは。 7/10
10話と短いが、うか様が魅力的なキャラクターである。神通力を得ていろいろなことがあったあと、主人公であるいなりがどう成長したかの描写があればもっと良かったと思う。

いなり、こんこん、恋いろは。 第1巻 [Blu-ray]


未確認で進行形 8/10
個人的には真白が個性的で可愛らしくよかった。OPEDともになかなかよい出来で、全体的に作画も安定していて高品質であった。動画工房やるな、と言ったかんじ。丁寧な作りが印象的である。

未確認で進行形 vol.1 初回生産限定版【イベントチケット優先販売申込券付き】 [Blu-ray]


凪のあすから 9/10
海の中に街があって、そこに人が住んでいる、そんなことが当たり前の世界である。かなりSFっぽいが派手な戦争も超兵器もロボットもない。あるのは陸と海の間をたゆとう少年少女達の心情である。汐鹿生(しおししお)とその周辺だけしか出てこないがこれだけのドラマを描けるのは脚本の岡田麿里と制作のPAワークスの底力であろう。序盤はやや地味な展開だが、中盤以降一気に登場人物たちの心情が前面に出され交差し視聴者は惹きつけられていく。オリジナル2クールでこのようなアニメが出てくることは素直に喜びたい。

凪のあすから 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]


サムライフラメンコ 6/10
ノイタミナの2クール作品。正直評価に困る作品。現実に起こっていることなのか、劇中劇なのかでずっと迷わされていた。話もとんでもなく壮大なところまで展開していってどうするんだこれ状態だった。まあこれもオリジナルならではといったところか。ただ最初から最後まで主人公は一貫して「正義とはなにか」という命題に対峙していた。この点は評価したい。

サムライフラメンコ 1(完全生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券封入) [Blu-ray]


キルラキル KILL la KILL 9/10
スタジオTRIGGER制作のオリジナル2クールアニメ。服と繊維をテーマとしている点が特徴的である。どこか昭和を思わせる絵柄で、勢いとテンポが早く、熱血系の描写が多い。濃いキャラクターたちがグイグイと引っ張っていくのでストレスを感じず、高いモチベーションで2クールを見ることが出来た。王道を行きつつ視聴者の想像の少し斜め上を行く展開は見事である。実は結構CGを使っているが、見た目を手描きに近づけるセルルック技術も見もの。最終回のED曲とともに流れるエピローグ的な映像が感慨深い。

キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


ゴールデンタイム 5/10
最近では珍しく大学生活がフォーカスされている作品である。主人公多田万里は記憶喪失と二重人格の障害を持っているが結果としては舞台装置にすぎなかったのが残念。ヒロイン加賀香子は結構好き嫌いがわかれるのではないか。他の登場人物もクセが強い。ただ香子は以外にも純愛路線なのでそのへんが好きな人にはいいかもしれない。個人的にはサークルを装った新興宗教の勧誘が妙にリアルでその点は評価したい。

ゴールデンタイム vol.1(初回限定生産版) [Blu-ray]


ストライク・ザ・ブラッド 7/10
秋からの2クール作品。いわゆる俺ツエーハーレムアニメであるが、ヒロインを始め女の子たちをきちんと魅力的に描くことができている点が良い。2クールはちょっときついかなと思ったが、結構あっさりと見続けることが出来た。なかなかの良質ブヒアニメである。

ストライク・ザ・ブラッド第1巻(初回生産限定版) [Blu-ray]


のうりん! 6/10
農業がテーマ。ただし中身は結構パロディやギャグテイストが強い。時折農業関連のネタが入るがこれはこれでちゃんと描かれている。主人公と幼なじみ、転校してきた元アイドルの三角関係が軸だがアニメではギャグに力を入れていたように思う。担任の40歳独身のベッキーがひときわキャラ立ちしていた。声優もなかなかいい演技であった。

のうりん Vol.1 [Blu-ray]

 
Wake Up Girls! 6/10
ヤマカン」こと山本寛監督が手がけたアイドルアニメ。仙台を舞台としローカルアイドルとして出発するところから始まる。またWake Up Girls自体はリアルでもアイドル活動をしている。綺麗で可愛いところばかりではなく、アイドルの厳しさ辛さを割とはっきり描いてある点は個人的には評価したい。ただ作画は近年珍しいレベルでひどくこれはちょっと養護し難い。キャラ立ちもやや弱く、最後まで見分けがつきにくかった。監督がTwitterなどで場外乱闘を繰り返していたせいか、作品そのものに対する評価が厳し目だが、他のアイドル作品との差別化は成功していると言って良いと思う。オリジナルなので一点加算した。

Wake Up, Girls! 1 初回生産限定版 [Blu-ray]


最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 6/10
兄妹ものであるが22時放送にしては過激な描写が多く、早速BPO審議入りとなって放送時間変更となった。親の再婚によって兄妹となったがうまく接することの出来ない妹と、記憶喪失の幽霊である日和、鈍感な兄との基本エロコメディー。貞操帯を「TST」と表現するセンスには脱帽である。

最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第1巻 [Blu-ray]


ニセコイ 7/10
2クール目へ視聴継続

ニセコイ 1(完全生産限定版)【イベント優先販売申込券付】 [Blu-ray]


世界征服~謀略のズヴィズダー~ 6/10
岡村天斎監督のオリジナル作品。謎の組織「ズヴィズダー」によって為される世界征服の序盤である。頭目は幼女の星宮ケイト。ストーリー自体はなんだかしっくり来なかった。世界征服はわかるがエピソードは日常的な物も多い。喫煙者を徹底的に非難する回は結構面白かったが、方向性がよく見えてこなかった。このへんは視聴者の感想が分かれるところではないか。ケイトの声は非常に印象的で良くあっていた。

世界征服~謀略のズヴィズダー~ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


ということでかなり視聴本数が多くなりました。9点がいずれも秋からの2クール作品というのが面白いですね。春クールが始まりましたが面白いアニメにであることに期待したいですね。

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

徒然 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<マーク・ピーターセン『日本人の英語』岩波新書 | ホームへ | やっぱり筋肉痛>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物