マーク・ピーターセン『日本人の英語』岩波新書

2014.05.01(20:42)
日本人にとって英語学習における壁というものは幾つもあると思われますが、aとかthe(いわゆる不定冠詞、定冠詞)の使い分け、前置詞、時制あたりはかなり大きな障壁となっているのではないでしょうか。そうした部分をわかりやすく解説しようとしたのが本書と言えましょう。またこの本は1988年4月に出版され、2013年5月で73刷というロングセラーとなっています。

本書の最大の特徴は
・英語を母語とする著者が
・日本語使用者側に立って
・日本語で記述している
という点にあります。

なぜ日本人がここで間違えるのか、といったことを日本語使用者の思考で解説しようとしているので、今までの英語読本とは一味違った説得力を持っているよう感じます。著者の日本語はやや読みづらい気がしますが、二度三度読んでいくことでより英語への理解が深まることは間違いなさそうです。


日本人の英語 (岩波新書)
関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

本・雑誌 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<居酒屋 | ホームへ | 2014年冬クールアニメ総括>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物