フランスでテロ&銃撃戦

2015.01.11(20:13)
7日、フランスの風刺週刊誌が襲撃され12人の死者を出す事態となりました。また8日には女性警官が銃撃され死亡、9日空港から15キロの印刷所では人質をとった立てこもり事件が発生し、容疑者2名を特殊部隊が射殺。また、パリ東部にあるユダヤ系食料品店で人質を取り立てこもっていた容疑者も殺害されましたが、人質4人も命を落とす結果となりました。

フランスはかなり移民を積極的に受け入れてきた国でしたが、今回はそれが裏目に出てしまっった感は否定できません。またイスラム教をかなり刺激する風刺画だったようでこのへんも議論になりそうですね。日本も将来的に移民受け入れとなればこうした問題は他人事とはいえなくなるでしょうね。

Yahoo!ニュース - 仏紙襲撃容疑者ら3人死亡=印刷会社、ユダヤ食品店で籠城―部隊突入、人質4人犠牲 (時事通信)

イスラム教入門 (岩波新書)

イスラム過激原理主義―なぜテロに走るのか (中公新書)

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<雪かき | ホームへ | 2014年秋クールアニメ総括>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物