両面人物埴輪の謎

2016.08.28(17:52)
今日は一説によると埴輪の日なんだそうです。で、この話題を。出土自体は10年前なんですが、こんな埴輪あったんですねえ~。他に出土例がないというのも気になります。確かに顔が2つついていますし、表情が明らかに違います。ヤヌス像にも似てますし、どことなく動物っぽい感じもしますし何を意味しているのか、色々考えさせられますね。

ちなみに飛騨地方には両面宿儺(すくな)という伝承があり、やはり顔が2つついていて腕が四本あったとされています。それと何か関係があったんでしょうか?色々妄想がはかどりますが、あんがい職人の習作であったり、子供が適当に作っただけとか、いたずら心で斬新なものを作ってこっそり埋めたとかそんなところかもしれませんw。でもそういう想像を馳せることができる材料ってのはいいものですね。

両面人物埴輪(和歌山市) 謎が深まる二つの顔


関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<史上最年少プロ棋士誕生 | ホームへ | ゴジラアニメ映画化決定>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物