2017年春期アニメ総括

2017.07.02(18:00)
7月に入り春期アニメの総括となりました。

リトルウィッチアカデミア  8/10
2クール目。アッコの言の葉集めと新キャラクロワの登場によって物語が大きく動き始める。アーシュラ先生の過去も語られることになる。アッコとロッテ、スーシィとの友情、ダイアナとの関係、アーシュラとクロワの関係、アッコとアーシュラの師弟関係など話の軸がたくさんあるがちょっと尺が足りなかったかなという気がする。最後はトリガーらしく魅せて終わったがポテンシャルが高いだけに色々と惜しかった。

サクラクエスト 6/10
PAworksのオリジナル新作アニメ。今回のテーマは町おこし。テーマ的にどうしても重く地味になりがちなのは仕方ない。1クール目は町おこしにありがちなことをやってみるがうまくいかない、という展開だったので2クール目からが本番ということだろう。

進撃の巨人2ndSEASON 8/10
1期から実に4年経過して2期の登場。残念なことに今回は1クール。マンガでも十分迫力があるがアニメになるとやはりちがう。ライナーの告白から変身までの緊張感が素晴らしかった。来年3期が決定しているのでそちらにも期待したい。

Re:CREATORS 6/10
アニメ・マンガ・ゲームなどの作品の異なるキャラが同じ世界の上に現界する。原作者は創造主、各キャラクターは被造物となる。主人公がこれと言った戦闘能力を持たず、暗いキャラクターなので評価の別れる所。全編に渡って説明の台詞が多くこれも苦手な人はかなり苦手だと思う。被造物は割りと個性的なので2クール目はぐっと盛り上がってくることを期待したい。

冴えない彼女の育てかた♭ 8/10
とにかく女の子を可愛く描くことができるか否かが重要な作品。二期もそのへんはきっちり抑えているので安心はできる。ストーリとしてはゲームづくりが本格化するがトラブルも襲いかかる。途中クリエイター論がしつこく出て来るがこの辺は賛否が別れる所。あと主人公のわがままっぷりもなかなか。8話の加藤が強烈。やはりメインヒロインは強い。3期も期待したいところだが最終回が結構改変されているようなので微妙か。

神撃のバハムート VIRGIN SOUL 8/10
今回は一期の十年後の話。相変わらずCygamesとMAPPAの本気作画と音楽が楽しめる。脚本に大石静を迎え主人公は女の子のニーナとなった。話は今回のほうがとっつきやすくこの辺は流石ベテラン脚本家と言った感じ。2クール目も楽しめそう。

ID-0 7/10
谷口悟朗と黒田洋介のタッグによるオリジナルアニメ。意識を18メートルのメカに転送するというアイデアが面白い。自分は一体誰なのか、何なのかを終始問いかけてくるアニメだった。割りと丁寧な作りで最後まで楽しめた。

信長の忍び2期 8/10
おなじみ信長の忍び。短時間ではあるが相変わらずテンポよく視聴者を満足させる出来。気楽にさくっと見られるのはやはり良い。

正解するカド 7/10
中盤辺りまではかなり気になる出来だった。異方から現れた存在がオーバーテクノロジーを人類に供給し、世界がどう変わっていってしまうのか気になった。しかし終盤のびっくりさせるような展開によって一気に安っぽくなってしまったのは誠に残念。最終回もびっくりの展開だが流石に賛否両論だろう。

ということで今回は6点が2つというやや残念な結果となりました。夏期の巻き返しに期待しましょう。

春期円盤人気ランキング

関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

徒然 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<ミミックオクトパス | ホームへ | 訃報:元アナウンサー 小林麻央さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物