コインチェックで大規模不正アクセス

2018.01.27(19:00)
1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックで大規模な不正アクセスがあったようです。失った通貨の額は580億だそうですが今後も増える可能性がありますね。仮想通貨は2017年後半からバブル状態でやったもん勝ち状態にありましたから、こうした事態が起きるのは時間の問題だったと思います。この会社は投資家の資金を保護する措置がなかったようで、預けた資金が返ってくるかどうかはかなり怪しいですね。其のへんはまさに自己責任の世界ですが、当然コインチェック社の責任も問われるでしょう。脳裏には豊田商事事件が浮かんでくるのですが、そうした悲劇が怒らないことを祈りたいですね。

580億円消失、コインチェックの「問題姿勢」 | インターネット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない
関連記事
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<寒波、来襲 | ホームへ | 訃報:経済学者・評論家 西部邁さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物