1. 各地で真夏日(04/22)
  2. 春アニメ始まる(04/15)
  3. 訃報:アニメ監督・演出家・プロデューサー 高畑勲さん(04/08)
  4. 2018年冬アニメ総括(04/01)
  5. 羽生竜王が名人戦挑戦者に(03/25)
  6. 色々と騒がしい(03/18)
  7. メキシコでカバ出現(03/11)
次のページ

各地で真夏日

2018.04.22(18:00)
それにしてもこの週末は暑いですね。私の家の中も土日30度超えた感じです。まあまだ湿気が少ない分多少はマシかも知れませんが4月でこの暑さはチョとどうかと思いますね。昨日は土方っぽいことをやって汗だくだし今日は朝から町内会の掃除で疲れました。こういうときに限って暑さがきつくなるのは(嫌な意味で)なんか出来すぎな気もします。しかし今週の中盤からは例年通りに戻りそうなので体調を崩さないように気をつけないといけないですね。

全国各地で気温上昇 真夏日や今年一番の暑さに  :日本経済新聞
スポンサーサイト

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

春アニメ始まる

2018.04.15(18:00)
だいぶ出揃って2話から3話くらいまで行ってますね。今期はとにかく数が多い。60本を超えるとなると流石に全部は見れません。私はもともと減らす傾向だったので現在もどうするか試行錯誤であります。今の所事前に注目していなかった作品がいい感じですね。ウマ娘やメガロボクスなんかは目を引きます。鬼太郎6期は猫娘がずいぶんスタイリッシュになっていますが、さりげなく現代日本への風刺がきいていたりしてなかなか健闘しています。ルパン5期やソーマ3期は安定の出来で安心して見れますね。最近は動画サイト独占配信なんてのも多くなってきてアニメ事情も変わりつつあります。これからぐっと盛り上がる作品が出てくるか注目です。

2018春アニメ一覧|今期(4月放送開始)新作アニメ情報 | アニメイトタイムズ

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

マンガアニメ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

訃報:アニメ監督・演出家・プロデューサー 高畑勲さん

2018.04.08(18:00)
季節の変わり目は訃報が多くなる気がしますが、結構衝撃的な訃報でした。しかしお歳を考えるとやむなしという面もあるでしょうか。昨年夏頃から体調を崩されていたとのことでご自分でも感じる部分はあったかもしれません。私の中で高畑勲というと赤毛のアンですね。リアルタイムで見たいた頃より再放送でひどく衝撃を感じたことを覚えています。それにしても商業的な部分を余り考えず作りたいもの、表現したいものを作り続けることを許された数少ない人なのではないかと思います。合掌。


「監督・宮崎駿」を生み出した高畑勲の功績 肉親以上の関係だった2人の天才

高畑勲監督作品集 [Blu-ray]

君が戦争を欲しないならば (岩波ブックレット)

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

マンガアニメ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

2018年冬アニメ総括

2018.04.01(18:00)
さて早いものでもう4月ですね。1月から3月にかけて放送されて私が視聴したアニメをを総括していきます。

刻々 8/10
○独特の設定と世界観。
○限られた地域での緊張感が終盤まで続く。
○お洒落梅津ED
△デウス・エクス・マキナによる幕引きは賛否あり


りゅうおうのおしごと 7/10
○キャラデザは結構良い。
○監修はプロ棋士が行っているので変な矛盾はなし。
○意外と熱い
△ロリキャラたくさんは疲れる部分もある。
△原作大幅カットでぶつ切り感は否めない。


おそ松さん2期後半 7/10
○相変わらずのナンセンス。
○適度に力が抜けて本来こういうふうにやりたかったのかと思わせる。
△長編は微妙。

宇宙よりも遠い場所 9/10
○女子高生と南極という珍しい組み合わせ。
○キャスティングが良い。
○1クールできっちりまとめた
○最後まで楽しめる展開
△しらせ以外南極行きの動機が薄い


オーバーロード2 7/10
○アインズ様いい人ならぬ良い魔王。
○トカゲ編は思っていたより良い。
○コキュートス、セバスチャンの見せ所あり。
△トカゲ編に5話使ったのはどうだったか。
△作画不安定なところがあって残念だった。


ヴァイオレットエヴァーガーデン 7/10
○劇場版レベルの超絶作画。
○ヴァイオレットが手紙を通して心の機微に触れ成長してゆく。
△作画と話のバランスが不安定。
△設定にやや不自然さがある。
△EDはもう少し余韻を楽しめる曲が良かった。


ゆるキャン△ 9/10
○女子高生がゆるいキャンプは斬新。
○近すぎず遠すぎずの距離感が絶妙。
○体感時間が本当に短く感じる。
○OPが凄く良い。
△作画が不安定なときがあって残念だった。

キリングバイツ 8/10
○わかりやすいストーリー。
○B級らしい適度なエロとグロ。
○意外と崩れない作画。
△2期やらないと収まりが悪い最後。


ポプテピピック 7/10
○結構かっこいいOP。
○内容同じで声優だけ替える手法。
○かなり攻めてるパロディ。
○AC部(特にヘルシェイク矢野)の衝撃。
△声優の選定
△アニメと言うよりバラエティか?


ダーリンインザフランキス 8/10
○トリガーとA1の合作。
○考察を誘う数多くの設定。
○イチゴやゼロツーなどのキャラがなかなか良い。
△明らかにエヴァを意識している部分が多い。
△ヒットしたロボアニメのいいとこ取りは賛否あり。


Fate/EXTRA Last Encor 6/10
○人気のフェイトシリーズ。
○サーバント自体は結構面白いキャラが居る。
○OPは西川貴教でかっこいい。
△話がわかりにくい。
△結局全話の作成が間に合わなかった

コードギアス亡国のアキト 7/10
○1期と2期の間で、本編では余り語られなかったEUを埋める劇場版全5章。
○主人公はEU生まれの日本人(イレヴン)。
○ナイトメア戦が半端ない。ちょっと気持ち悪いレベル。
○ルルーシュがこんなことになっていたのかと分かる。
△本編ほどのドラマ性はない。
△異様に高性能のナイトメアがでてくるがR2には一切出てこない。

ということで冬期は「ゆるキャン△」と「宇宙よりも遠い場所」の2強となりました。8点台も3作品となかなかレベルの高いクールでした。春期はかなり本数が多いようなのでどれを見るか迷うのですが良い作品に出会いたいですね。

アニメ円盤人気ランキングはこちら

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

マンガアニメ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

羽生竜王が名人戦挑戦者に

2018.03.25(18:00)
羽生竜王が名人戦挑戦者となりましたねえ。これで名人を取ればタイトル100期目を名人で飾ることになります。それにしても今回豊島八段は惜しかった。間違いなく強いのにここ一番の勝負で勝ちきれないのは痛いですね。羽生竜王にはいい勝負をしていただきたいばかりです。佐藤名人も名人の意地を見せてもらいたいですね。

将棋:名人戦挑戦者に羽生竜王 稲葉八段降す - 毎日新聞
この記事の関連グッズはこちら

Ranking

将棋 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

色々と騒がしい

2018.03.18(18:00)
いやーなんか先週は色々ありましたね。国内では決裁文書の改竄問題とか、前川氏の授業の録音テープを出せだとか西部邁氏の自殺について警察が捜査を始めたり。内田康夫氏も亡くなりましたね。アメリカは国務長官が解任されたり、イギリスではロシア人の元スパイが暗殺未遂にあってロシアの仕業と非難したり。中国では習近平氏が無期限の国家主席に再任されて「台湾旅行法」でアメリカに抗議したり、マレーシアではコブラの扱いの達人が出動した際コブラに噛まれて死んだりとてんこ盛りでした。年度末で季節の変わり目ということもあるのか、いろいろ騒がしいですね。

アクセスランキング:1週間 - 毎日新聞

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

メキシコでカバ出現

2018.03.11(18:00)
カバは本来アフリカ大陸でのみ生息しているらしいですね。ただメキシコがカバの生息地に実際なっているようで日本の動物園はメキシコから輸入しているみたいです。しかしなんでメキシコにカバがいるかという点について「マフィアのボスが私的に飼っていたカバが逃げ出して野生化した」という仮設が妙に説得力あって笑ってしまいました。

なぜ?カバの“タイソン”出現 かなり攻撃的で危険性あり 住民困惑

メキシコから日本向けに輸出される展示用カバの家畜衛生条件(PDF)

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物