1. 珍客現る(05/07)
  2. GW始まる(04/30)
  3. 東武動物公園が賑わう(04/23)
  4. 千葉女児殺害事件の犯人逮捕(04/16)
  5. 米空母打撃群が朝鮮半島へ向かう(04/09)
  6. 2017年冬期アニメ評価(04/02)
  7. 稀勢の里優勝(03/26)
前のページ 次のページ

珍客現る

2017.05.07(18:00)

20170503kuma.jpg 
先週のことなんですが、庭仕事をしていてふと目をやると珍客と目が合ました。しばらく見つめ合っていましたが、少しづつ近づくと山の中に逃げていきました。多分たぬきだと思うのですが体毛がかなり抜けていてどうやら皮膚病にかかっているようです。害はなさそうだったのでこちらからは何もしませんでしたが、じっとこちらを見つめていた姿が印象的でした。




この記事の関連グッズはこちら

Ranking

徒然 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

GW始まる

2017.04.30(21:47)
大型連休に入りました。昨日今日と天気もよく気温も結構上がりましたね。ただ月曜火曜と仕事も人も多いので今年は長い連休にはならないタイプですかね。私は一応長い連休になりますが、家でやらなければならない事が多く、のんびりマッタリというほどでもないですね。友人との飲み会は計画しているので、それが唯一楽しみです。個人的にも社会的にも平和な連休で終わってくれればよいのですがどんなもんでしょうね。

首相、大型連休は別荘で 北朝鮮情勢にらみ静養

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

東武動物公園が賑わう

2017.04.23(18:49)
陽気も良くなって行楽日和な週末でした。東武動物公園では、けものフレンズのコラボが始まり多くの人で賑わったようです。動物園はどこも経営が苦しいそうなので、少しでも人が来てお金を落としてくれれば助かるのではないでしょうか?動物に興味を持って写真でもとってみるのも良いかもしれませんね。私もお金と時間があれば行ってみたい気もします。

「けものフレンズ」缶バッジ3600個 即完売!東武動物公園とコラボ初日



この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

千葉女児殺害事件の犯人逮捕

2017.04.16(18:23)
ついに捕まったか、という感じですが保護者会の会長だったとは驚きです。しかも朝の見守りにも参加していたというのだから恐ろしいですね。何を信じたら良いのかわからないことになってしまいますね。スクールバスが良いのかもしれませんが当然コストがかかりますし、簡単な防止策というのはなかなかないようです。直ぐにできそうなのは防犯カメラの増設くらいでしょうか。何にせよ4月にはこれは嫌なニュースですね。

逮捕の保護者会長、キャンピングカーに女児連れ込む?




この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

米空母打撃群が朝鮮半島へ向かう

2017.04.09(18:12)
米中首脳会談中にシリアにトマホークミサイル59発ぶっ放したり、トランプもなかなか派手に動きますね。北朝鮮も弾道ミサイルを急ピッチで開発したり、日本海に向けて発射したり挑発行為を繰り返していたので、アメリカとしても看過できないということでしょう。いよいよ実際に何かが起こってしまうのでしょうか?武器の在庫処分をしたい人たちもたくさんいるとも聞きますが果たして・・・・・・?

米空母打撃群が朝鮮半島へ

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

時事ネタ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

2017年冬期アニメ評価

2017.04.02(00:00)
リトルウィッチアカデミア 8/10
2013年アニメミライに参加し、海外で非常に高い評価を得た作品。今回はTVシリーズとして完全新作ストーリーを展開する。名門魔女育成学校であるルーナノヴァ魔法学校に入学したアツコ・カガリの成長が見もの。トリガーだけあってよく動き、こういうストーリーのアニメも作れるのかと感心する。4月からは2クール目が始まるのでとても楽しみである。

鬼平 7/10
池波正太郎の鬼平犯科帳のアニメ化。キャラデザインがかなり独特で正直最初は戸惑う。しかし原作がしっかりしているのでアニメもそれなりに楽しむことができる。若々しい鬼平ながら強さと人情味とがよく表現されている。

けものフレンズ 10/10
パッっと見子供向けにみえる。CGも高精度とはいえない。しかしながら驚くほど細やかな伏線が貼られており、登場するキャラクターは実に生き生きとしている。画面をよくよく観てないと見逃してしまうくらい細かい部分にまでこだわりがあり、あとになって「なるほどそういうことだったのか!」と感心することも多い。ストーリー的には王道だが観ていて安心感があり、BGMがかなり良い。早々とだが、ほぼ間違いなく今年を、もしかすると2010年代をも代表するアニメの1つとなった。

この素晴らしい世界に祝福を!2 8/10
カズマ、アクア、めぐみん、ダクネスのメンバーで冒険を繰り広げる「このすば」の続編。今回はカズマが逮捕され裁判にかけられるところから始まる。一気に比べるとインパクトは落ちるものの相変わらずギャグはなかなかで素直に笑えた。個人的には終盤の宗教勧誘はなかなか見ごたえ(?)があった。3期があれば多分見るだろう。

小林さんちのメイドラゴン 7/10
強大な力を持つドラゴンのトールが、ひょんなことからSEのコバヤシの家でメイドをすることになった。そこに幼いドラゴンのカンナが現れ同居を始める。同僚の家にはファフニール、魔法使いの少年の家には元神ルコア、更にはライバルのエルマが登場しなんだかんだで人間界に適応した暮らしを始める。京アニだけあって作画は安定。OPはちょと狂気が入って怖いがそれなりに楽しめるできだったと思う。

あいまいみー~Surgical Friends~ 6/10
ちょぼらうにょぽみの4コマギャグ漫画のアニメ化。今回が三作目。シュールかつ狂気の入った展開は好き嫌いが別れるところだろう。

信長の忍び2クール目 8/10
前期に続きにクール目。浅井に市が嫁ぎ、信長は京を目指す。ゆるいギャグを混ぜつつテンポよく展開してゆく。これも安心して観られるアニメ。ただしOP曲がいわゆる「歌い手」となっており賛否の別れる所。

昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 8/10
有楽亭八雲とその弟子である二代目助六の物語。今回は真打ちになった助六と年齢を重ねた八雲、この2人の対比と苦悩が描かれる。円熟味を増しながらも自らの衰えに恐怖する八雲、先人の真似ではなく自分の落語とは何かに悩む助六。芸の道を往くものなら一度は通る道をどうゆくのか。今回も声優陣の演技を堪能でき満足した。ただし最終回はやや蛇足気味の部分もあり賛否が別れるところであろう。

幼女戦記 7/10
冷徹なエリートサラリーマンである主人公は、リストラを勧告した社員に逆恨みされ線路に突き落とされ命を落とす。しかしその瞬間、創造主を名乗る存在Xにより信仰心のなさを咎められ異世界へと転生させられてしまう。その世界は魔法技術が存在し、今から100前のドイツによく似た国であった。貧しい捨て子から始まり、魔法の才能と生前の記憶を武器に異例の昇進を遂げるが戦争の理不尽に巻き込まれ苦悩する。声優陣の頑張りもなかなかで見応えのあるものとなっている。二期があるとの噂なので注目したい。

ガンダム鉄血のオルフェンズ 6/10
後半2クールマクギリスとオルガに焦点が当たる。ただ惜しむらくは脚本のピントがどうもずれていることである。言っていることと実際が食い違っていたり、なんでこのキャラをここで死なすんだろうと思ってしまったりで色々残念な部分が多かった。

ということで今期はリトルウィッチアカデミアとけものフレンズの2強、次点で落語心中となりました。けものフレンズはめったに出ない10点満点としました。機会があればぜひ観ていただきたい作品ですね。

注目アニメDVD/BDはこちら


この記事の関連グッズはこちら

Ranking

マンガアニメ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

稀勢の里優勝

2017.03.26(18:24)
初日からずっと連勝していて、横綱としては最高のスタート切れそうだなと思っていたのですがまさかの怪我。そこから連敗でこれはダメかと思っったのですが本割で勝利、優勝決定戦で執念の勝利で優勝を決めました。なんかメンタルが強くなった気がしますね。ただこの怪我が尾を引かなければよいのですが。個人的には宇良が勝ち越したのがちょっと嬉しかったのですね。

三月場所結果

この記事の関連グッズはこちら

Ranking

徒然 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
前ページ | ホームへ | 次ページ
SEO対策:ニュースSEO対策:日記SEO対策:将棋SEO対策:読書SEO対策:食べ物